あの子の体は抱き枕(スプレッドハピネス)スマホ用エロ漫画 ※無料立ち読みOK!

あの子の体は抱き枕 僕専用!とろハメ生人形

▼スマホで無料試し読みはコチラ▼

あの娘の体は抱き枕
~僕専用!とろハメ生人形~

Handyコミック【あの娘の体は抱き枕】※スマートフォン専用
▲ 無料サンプルが読めます ▲

スマホ専用|iPhone・Android対応
docomo / au / softbank
月額300円(税別)~

あの娘の体は抱き枕のあらすじ

クラスメイトで大好きな仲江詩乃ちゃんに告白したものの、見事にフラれってしまい寂しい日々を過ごしている傷心モードの主人公・倉間大貴くん。

毎日のようにメールをくれてた彼女だったけど、告白してからはメールもくれず、すれ違っても目も合わせてくれず、距離を置かれる寂しい毎日・・・

そんなある日、大貴くんが学校帰りに立ち寄ったちょっと不思議なお店『魔法の道具屋さん』で偶然手に入れた不思議な抱き枕。

お店のおじいさん曰く、『枕についてるネームタグに名前を書いた人の抱き心地が味わえる』らしい・・・!?

ちょっと胡散臭いなと思いながらも、先日フラれちゃった大好きな仲江詩乃ちゃんの名前を書き込み枕を抱いて眠りにつく大貴くん。

そして真夜中、抱き枕に異変が!?

抱き枕から感じるフニフニでふっくらとした温かくて気持ちいい肉感・・・

まるでシャンプーの様な甘くていい香り・・・

そして耳元に聞こえてくる女の子の寝息・・・

『んっ?・・・って、あれ・・・? 何かがおかしい!?』

抱いている枕に違和感をおぼえた大貴くんは、ゆっくり目蓋を開いてみると・・・

『くぁwせdrftgyふじこlp;@』

あの娘の体は抱き枕~僕専用!とろハメ生人形~

大貴くんが枕だと思って抱きしめていたのは、枕じゃなくってクラスメイトの仲江詩乃ちゃんだった!?

目の前に広がるあまりにも衝撃的な光景に混乱し、慌てて飛び起きる大貴くんをよそに、穏やかな寝息をたてぐっすり眠ってる詩織ちゃん。

頬をつねっても、肩をゆすっても一向に目を覚まさない詩乃ちゃんに途方にくれる大貴くんだったけど、足首に付いているあるモノに気付いた。

抱き枕についていたのと同じ形をしたネームタグ!?そして彼女の名前を書いた筆跡は、間違いなく大貴くんのもの!?

ネームタグに名前を書いた人の抱き心地が味わえる・・・

あのお爺さんの言っていた嘘のような話が本当だったと思うと同時に、大貴くんに芽生え始めたある感情・・・

『彼女のカラダ・・・ 抱き心地・・・ これは抱き枕 ・・・なんだよな!?』

『今ここで眠っているのは、詩乃ちゃんじゃなくてオレの抱き枕・・・ だったら、オレの好きにしていいはずだ!』

大貴くんは、彼女を抱きたいって気持ちに我慢ができず、眠る詩乃ちゃんのパジャマを脱がせ、おっぱいを揉みまくり吸い付き始めちゃいます!

彼女の甘い息遣いと艶めかしい姿に、大貴くんの下半身に熱いものがどんどん込み上げてきて、もう爆発寸前の状態!!

我慢の限界を超えた大貴くんは、詩乃ちゃんのパンツを脱がせて遂に生挿入まで・・・!?

そしてこの後、意外な方向へと進みだす大貴くんと詩乃ちゃんの関係は!?

この続きが気になる人は、本編でお楽しみください♪

▼ まずは無料で試し読み ▼

あの娘の体は抱き枕
~僕専用!とろハメ生人形~

Handyコミック【あの娘の体は抱き枕】※スマートフォン専用

Handyコミックで配信中!
※本編を読むためには会員登録が必要です。

作品情報

【作品名】あの娘の体は抱き枕~僕専用!とろハメ生人形
【作者】スプレッドハピネス
【配信サイト】Handyコミック
【公開話数】6話配信中
【購読ポイント】60ポイント

配信中のタイトル

第1話 あの娘の抱き心地を知った興奮の夜。

第2話 無防備なカラダを1人占め…ナマの感触に酔いしれた夜。

第3話 彼女のナカに擦り付けた甘い夜。

第4話 いちばん奥に注ぎ込んだ濃密な夜。

第5話 何度も何度も彼女をイかせた夜。

第6話 恋人のように、ねっとり交わった夜。